水の違い

ウォーターサーバーのメインは水ですが、その違いは味や含まれるミネラルの量に関係してきます。そのため、しっかり確認して相性の良い水を選ぶことが大切です。ここでは、具体的にはどのような部分で違いが生まれるのかをご紹介します。

水の根本に影響する採水地

関東地域の中でも特に天然水で有名なのが山梨です。山梨はミネラルウォーターの発祥の地とも言われており、多くのウォーターサーバーでは山梨産の天然水を使用しています。そんな山梨の中でも特に人気のある採水…

飲めるようにするための処理方法

ウォーターサーバーと言えば上部に大きな水タンクが設置されている給水器というイメージがあります。そのような形状のサーバーが多いのは事実ですが、中には温度の安定化以外に水をろ過する浄水器のような機能が…

特殊な付け足しがされることも

ミネラル分を添加した天然水を専門に扱っている業者もある

ウォーターサーバーを導入する際に選べる水の種類については、それぞれの業者の方針やコンセプトによって大きく異なるため、周りの人と相談をしながら、希望通りのものを選択することが大切です。たとえば、水の含有成分にこだわりを持っている業者の中には、シリカやバナジウムといった健康に良いとされる成分を添加した水を提供しているところもあります。また、毎月の契約料金がやや高くなりますが、イオン水などの雑誌やネットなどで人気を集めている水を選べるコースを用意している業者も増えています。そうした状況の中、自分にとって理想的な水を見つけるうえで、継続して同じ水を飲み続けている人の感想をチェックしたり、いくつかの業者におすすめの水について紹介してもらったりすることが大事です。

人気が高い水の特徴と料金体系を確認しよう

ウォーターサーバーの専門業者の中には、水の種類によって月々の利用料金を決めているところが多くあります。一般的に、ろ過されていない天然水については、リーズナブルな料金で提供されることが多く、リピーターはもちろんのこと、新規の契約者の間でも根強い人気があります。一方、RO水などの特殊なタイプの水については、様々な用途に利用できることや、水の成分に気を使っている人の間で高く評価される傾向が見られます。その他、水の種類によっては、ウォーターサーバーの利用期間中に採水地が変更になったり、マグネシウムやカルシウムといった水に含まれる含有物の量が変化したりすることもあります。そのため、成分が気になる人は契約前に必ず担当者に相談をしておくことが大切です。

水以外の相違点

ウォーターサーバーは専用の機械を設置することになるため、その機械と周囲の環境との相性も考えなければなりません。では、ウォーターサーバーを快適に使用するためには、どのような部分に目を向ければ良いのかを確認してみましょう。