飲めるようにするための処理方法

ろ過器が内蔵されている物もある

ウォーターサーバーと言えば上部に大きな水タンクが設置されている給水器というイメージがあります。そのような形状のサーバーが多いのは事実ですが、中には温度の安定化以外に水をろ過する浄水器のような機能が付いている物もあります。ウォーターサーバー用の水はその多くが汲み上げてそのまま使われていますが、採水地によっては砂などの微小な汚れが混在していることがあります。そのような水はそのまま飲んでしまうと口当たりが悪いうえ、体調不良をひきおこす可能性も否定できません。サーバー内のろ過器を通すことで微小な汚れを取り除き、まろやかで美味しい水にすることができます。消毒薬など薬剤の臭気を緩和させる効果もあるので、主に外国の水を使うサーバーに内蔵されています。

サーバー用の水を処理する方法について

ウォーターサーバー用の水はその多くが汲み上げられた地下水です。雨として地表に降り注いだ水が長い年月をかけて地下水となった物を汲み上げ、飲料水として消費しています。雨水が地下水になるまでの間に通り抜ける土砂が天然のろ過器の役目を果たしているため、清潔で美味しい水になるのです。しかし、地下水によっては汚れや細菌が混在している物もあります。そのような場合、事前に高温で熱することで有害な成分を取り除くので品質については問題はありません。汚れについてもタンクへ封入する際にろ過器を通して取り除くのが普通です。基本的に消毒薬など薬剤は使用しませんが、医療用や精密機器用など特殊な用途の場合は専用の薬剤で処理することもあります。

飲み水にミネラルウォーターを購入している方は、定期的な水宅配を利用することで、買い物の手間を減らすことができ便利です。