設置スペースにぴったりフィットできるサイズ

サーバーの大きさは重要な選択肢

ウォーターサーバーを利用する場合、飲料水の品質ばかりに気を取られがちですが、サーバーの置き場所も無視できない問題です。丁度良い置き場所が見つからずに困ってしまうケースは珍しくないため、ウォーターサーバーの導入を検討する際はサーバーの大きさにも注意する必要があります。ウォーターサーバーは飲料水の温度を一定に保つための機器が内蔵されているため、その多くが大型です。重量もあるので持ち運びは容易ではありません。そのため、導入するならある程度の広さがあり、重たい物にも耐えられる頑丈な場所を確保する必要があります。サーバーを導入する際は必ず現物を自分の目で確認し、最適な大きさの物を選ぶのが長く使い続けるための条件と言えるでしょう。

基本的に大きいサイズほど高性能だが注意点もある

ウォーターサーバーは飲料水の温度を保つため冷却機器が組み込まれています。機器は大型になるほど性能も高くなり、より多くの飲料水の温度を安定させることが可能です。水を大量に使うなら大きなサーバーの方が便利と言えますが、その一方で機器が大きくなるほど消費電力量も増える点は注意しなければいけません。また、温水との切り替え機能が付いているサーバーもありますが、サイズがさらに大きくなる他、電力も余計に消費します。冷水だけを使うならサイズが小さいサーバーでも十分と言えるので、使用目的に合致する物を選ぶことが大切です。卓上型のサーバーは水量が少ない欠点があるものの、コンパクトサイズなので置き場所に困ることはほとんどありません。

赤ちゃんはいつ泣くのか予想がつきません。お腹が空いた時にお湯を沸かしていたら、ずっと泣いたままになってしまいます。そこでウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクのお湯に使えば素早く作ることができます。